AGA治療に必要な費用

agaによる薄毛対策をこれから始めようと考えている方にとって、一番の気がかりがその効果ですよね。

 

 

それに次いで気になるのが費用でしょう。いくら効果があっても、高くて払えなくては続きません。

 

 

男性型脱毛症の治療薬はプロペシアとミノキシジルの2つです。他の育毛剤と同じように即効性はないので、一旦始めると継続の必要があります。

 

 

プロペシアとミノキシジルタブレットとも、日本では医療機関で医師による処方が原則となっています。そこで、治療費には薬代だけでなく、診療代など諸経費が必要となります。

 

病院

 

かかるクリニックによって金額に開きはありますが、検査代などもかかってくるので一般的に1ヶ月15000円から30000円くらいはかかるようです。

 

また、上述のように即効性はないので、例えば1年継続すると考えて試算すると、2万円×12ヶ月で24万円かかることになります。この金額を高いと取るか低いと取るかはその人の考え方次第ですが、一般的には決して安い金額ではないでしょう。

 

 

とてもじゃありませんが、サラリーマンや自営業をしている人間にとっては、なかなか手の出ない金額です。

 

 

コストダウンして治療をしたいというなら個人輸入という手もあります。煩雑な手続きが厄介ですが、専門業者に任せると簡単です。通常プロペシアは1錠250円、1ヶ月で約7500円かかりますが、プロペシアの有名なジェネリック医薬品のフィンペシアなら100錠で2300円ほどと、プロペシアの10分の1程度の金額で購入可能です。

 

 

ただ、最初はきちんと医療機関を受診して診断、検査を受け、問題がないことを確認してから処方を受けて使用するのがいいでしょう。

 

 

個人輸入とは、その後の経過も良好で、副作用なども発生せず、抜け毛の改善が見られ、これから長期継続しようという場合に、経済面を考えて利用するためのものと言えます。

 

 

個人輸入代行業者には、さまざまな業者がありますが、やはり医療機関でない以上は偽物を取り扱っているような悪徳業者もあります。ですから、使用にはできる限り気をつけた方が良いでしょう。

 

 

もちろん、医薬品である以上は副作用の危険もあるため、その面でも注意が必要です。

 

 

以上に紹介したような内容を考慮すると、M字薄毛の治療には安全性の高くて、値段もリーズナブルな医薬部外品の育毛剤を使用される方が良いでしょう。

 

 

次のページでは、お勧めできるM字薄毛の育毛剤ランキングを紹介していますので、そちらもチェックしてみてください。

 

 M字薄毛を解消する育毛剤ランキング【生え際に効くのはどれ?】