ブリーチで薄毛が進行する

髪のおしゃれにはカラーやパーマは欠かせないものとなっています。

 

ブリーチをする男性

 

日本人の髪はほとんどの人が黒髪となっていますが、より明るく軽い印象にしたい場合はより明るいカラーを施す場合があります

 

 

そしてただ染料を入れるだけでは十分な明るさが得られない場合もあり、ブリーチで明るくする人も多くなっています。

 

 

ブリーチは髪を明るくするのに役立つものですが、こうした施術を繰り返すことは禿げる原因になるともされています。

 

 

ブリーチを行ったからといって、すべての人が禿げるというわけではなく、カラーやブリーチを繰り返していても髪の量に問題がないという方も少なくありませんが、もともと髪質の弱い方や薄毛が進行している方の場合は避けたほうが無難と言えます。

 

 

ブリーチは髪を傷めますので、切れやすくなったり、抜けやすくなりがちですし、施術では頭皮になるべくつけないよう気を使ってくれますが、それでも完全につけずに施術をすることは無理があり、やはり頭皮には負担がかかってしまうこととなります。

 

 

カラーを行うときには頭皮に赤味やかゆみ、痛みが出ることも多いですが、それだけ薬剤は髪や頭皮には負担となっているということがわかります。

 

 

美容室の施術の場合は質の良い薬剤が利用されることも多くなっていますが、市販の安い薬剤を使ったり、自己流で行う場合などは特に注意が必要です。

 

 

髪にも頭皮にも大きな負担をかけてしまうこととなりますので、染料を使いたい場合もできるだけ髪や頭皮に負担をかけないものを選んでいくと良いでしょう。

 

 

そして施術を行った場合は頭皮ローションなどでのケアも丁寧に行っておきたいものです。

 

 

髪を良い状態に保つためには、髪や頭皮を良い状態に保つことが大切ですので、できるだけ負担は減らし、適切なケアをこころがけたいものです。

 

 

もし、過去に髪を染めたせいで薄毛が進行していると感じている方は、生薬WAKAやプランテルのような育毛剤を利用して、早めのケアに取り組むようにしましょう。

 

⇒ M字薄毛を解消する育毛剤ランキングはこちら