母方からの祖父からも禿げは遺伝

男性で、薄毛に悩んでいる人も多いでしょう。特に男性型脱毛症の治療を行うクリニックが、最近増えてきました。湘南美容外科や銀クリなどがその代表ですね。

 

 

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、男性ホルモンが原因とされています。男性型脱毛症のなりやすさは、以前から遺伝によるのではないかと言われてきました。男性は、父親からY染色体、そして母親からX染色体を受け継ぎます。

 

遺伝子

 

Y染色体は遺伝による影響は少なく、X染色体は影響が大きいです。薄毛になりやすい性質は伴性でもありますので、母親から受け継ぎます。

 

 

従って、母方の祖父が薄毛であれば、自分のその性質を受け継いでいる可能性が高いのです。また、薄毛は優性遺伝と考えられており、子孫に受け継がれる可能性が非常に高いのです。

 

 

統計によっても、母方の祖父が薄毛であれば本人も薄毛である場合が多いです。男性型脱毛症の原因は男性ホルモンと考えられており、母親の父の性質が隔世で表れるのです。

 

 

逆に、母親から男性ホルモンに強い性質を受け継ぐこともあり、この場合は薄毛になりません。いずれにせよ、遺伝に左右される可能性は高く、自分の家系についてよく考える必要があります。

 

 

生まれつきの性質はどうにもなりませんが、日々の生活習慣を整えることによって豊かな髪を守ることはできます。それでも症状が進行してしまう時は、病院で相談するのもひとつの方法です。

 

 

今は、開業医などでも男性型脱毛症の治療を受けることができます。たいていは、男性ホルモンを抑制する治療薬を処方されることが多いようです。

 

 

この治療薬は副作用についてはほとんど気にならないそうですが、いちおう男性ホルモンに関係する薬だということは覚えておいてください。

 

 

市販のシャンプーや育毛剤を試してみることもいいでしょう。あまり悩むことは髪にもよくありませんので、まずは知人やインターネットで相談してみましょう。

 

 

トップへ戻る