育毛剤とドライヤーはどちらが先か

元気な髪を育てていくためには頭皮ケアは欠かすことができませんが、家庭で手軽に頭皮ケアをできるといえば、やはり育毛剤があげられるのではないでしょうか。

 

 

毎日朝晩頭皮につけて軽くマッサージするだけですので、時間もかからず手軽に頭皮ケアが行えます。

 

 

育毛剤は毛穴が詰まっていたり、頭皮が汚れているとせっかくの成分が十分に浸透しませんので、通常は洗髪後の清潔な地肌に利用することが通常となっています。

 

 

そこで、迷うのが、髪は乾かしてからのほうが良いのか、それとも濡れたままでつけて良いのかということではないでしょうか。

 

シャンプー

 

髪がスポーツ刈りなどでかなり短い場合は自然乾燥できることも多いので、あまり気にしなくて良いイメージもありますが、ある程度の長さがあるとやはり乾かす必要がありますので、どのようにつけるのが効果的なのか悩むところです。

 

 

まずはシャンプー後は髪や頭皮についた水分をふき取っておく必要がありますので、タオルドライである程度乾かすこととなります。

 

 

そしてその後、ドライヤーと頭皮ローション(育毛剤)をどっちが先につけるのかということとなりますが、この場合はまずは髪を乾かしておくほうが良いでしょう。

 

 

せっかくローションをつけても、その後温風を当ててしまうとせっかくの成分が飛んでしまう可能性があります。

 

 

まずは髪や頭皮をしっかり乾かし、頭皮のほてりが収まったら、ローションをつけ、マッサージすることとなります。

 

 

このときは頭皮だけではなく、髪にもついてしまいますが、髪の湿りが気になるときは温風ではなく冷風で乾かすと良いでしょう。

 

ローションが頭皮に浸透するまではそれなりに時間も必要ですので、このときにすぐに温風をかけてしまうとせっかくの成分が蒸発してしまう可能性があります。

 

 

また、次のページで紹介したような飲む育毛剤プロペシアもありますので、そのような内服薬でしたらドライヤーの使用の有無は特に気にすることなく、活用できますよ。

 

⇒ プロペシアってこんなに高いの!?AGA薄毛対策に必要な費用