M字ハゲの基準

はげのパターンはいくつかありますが、中でも典型的なパターンとも言えるのがM字はげです。

 

 

生え際の両サイドが薄くなり、アルファベットのMのような生え際になってしまうはげ方ですが、意外に目立ってしまいますので気にされている方は少なくありません。

 

M字ハゲ

 

時には自身がM字はげになっているかどうか気になるものですが、明確な基準というのは無いと言われています。髪の毛の生え方というのは人によって違っていますので、中には元からM字のような生え方をしている方もいます。

 

 

その為、これが基準というものは無いのですが、薄毛になっているかどうかをチェックする方法はあります。

 

 

例えばおでこに指4本を当て、眉毛の間と生え際の間に指が収まっているようですと注意が必要です。

 

 

そういった場合には生え際が後退している可能性が高いですし、さらに後退してかなりはげが目立ってしまう事にもなり兼ねません。

 

 

他にも薄毛になっているかどうかのチェック方法として、髪の毛の太さも挙げられます。生え際の髪の毛を上げてスカスカに見えている場合には薄毛になる可能性が高いと言えます。

 

 

スカスカで頭皮が見えている状態ですと髪の毛が細くなっていますし、さらに進行してM字はげになる可能性も十分にあります。

 

 

もし、M字はげの前兆がある場合には早めに対策する事が大切と言えます。生え際の薄毛を回復させる事自体大変ですし、発毛させる為には時間も掛かってしまいます。

 

 

その為、早め早めの対策を行うようにしないと、薄毛状態がかなり目立つようになってしまいますし、薄毛が目立つ状態になってしまうとストレスにもなってしまいます。

 

 

そしてストレスというのはヘアサイクルを乱して丈夫な髪の毛が生え難くなる事にも繋がりますので、大きなストレスになる前に対策をする事が大切なのです。

 

 

対策方法についてですが、M字禿げにお勧めできる育毛剤ランキングは次のページでチェックできますので、そちらをご覧になってみてください。

 

 M字薄毛を解消する育毛剤ランキング