血流の悪化はM字禿げにつながる

M字ハゲというのは、多くは遺伝によってなってしまう現象です。

 

 

M字ハゲで悩む男性はとても多いです。遺伝もあるのですが、最近注目されているものとして、AGAという、男性型脱毛症によるものも原因の一つとして挙げられています。

 

 

しかし、これが男性型脱毛症の場合は、専門クリニックで医師による診断でプロペシアの処方をされた時には、ほとんどの患者に効果が見られます。

 

 

しかし、副作用が完全にないわけではありませんので、自己判断で使用をするのは控えた方が良いでしょう。EDや射精障害のような副作用が報告されていますからね・・・。

 

 

M字ハゲというのは遺伝が大きく、遺伝の場合にはプロペシアの効果は期待できません。しかし、M字ハゲというのは予防をすることもできます。

 

 

その方法として有効なのは、育毛剤などをつかい頭皮の状態を良好にしておくことです。具体的には血流をよくしておくということです。

血管

 

 

血流が良くなりますと、その分抜け毛が減ったり、新しく生えてくる髪の毛に良い影響をもたらすことができるのです。チャップアップのような育毛剤を付けるだけでなく、マッサージをするなど工夫を加えてあげるのも良いでしょう。

 

 

自分で育毛剤を付けながらマッサージをすることも有効ですし、サロンや美容院などでヘッドスパをするというのも効果を期待できます。

 

 

遺伝の場合ですと、こういった方法がなかなか効かないこともあるのですが、どちらにしても頭皮の状態を良好にしておくというのは、新しい髪の毛がはえてくるようになるということ、また抜け毛を増やさないということに関してメリットがあります。

 

 

もし遺伝ではなく、男性型脱毛症の場合でしたら専門クリニックでの診察、そして血液検査などでAGAと診断されたらそれなりの処置をすることで改善されますので、まずは専門クリニックに行くということも視野にいれてみてください。