抜け毛が短い人はヘアサイクルが乱れている

人は禿げが進行しているので要注意

 

 

髪の毛の悩みで特に多いのが薄毛ですが、自身が薄毛になってしまわないか心配になってしまう事もあるものです。
そんな時にはまず抜け毛をチェックしてみると良いでしょう。

 

 

抜け毛の状態によって今の髪の毛の健康状態を確認する事ができますので、薄毛になり易いかどうかを判断する事ができます。

 

 

どういった抜け毛がある場合には注意すべきかと言いますと、一つの例として短い抜け毛がある場合には注意が必要と言えます。

 

 

短い抜け毛があるという事は十分に髪の毛が成長していないという事ですし、ヘアサイクルの乱れが発生している可能性があります。

 

ヘアサイクル

 

ヘアサイクルが乱れている限り丈夫な髪の毛は育ちませんし、徐々に薄毛が進行する恐れがありますので、早めの対策を行う必要があります。対策方法としては、まず毛周期を正常化させる事が大切です。

 

 

ヘアサイクルの乱れは生活習慣の乱れなどによって引き起こされてしまいますので、まずは普段の暮らしを改善する事が大切と言えます。

 

 

他にもヘアサイクルが乱れる要因の一つとしてAGA(男性型脱毛症)も挙げられます。男性はAGAによって薄毛になる事が多いと言われていますが、発症してしまうとヘアサイクルが乱れ、それによって薄毛が進行してしまいます。

 

 

また、AGAの場合は強力な脱毛作用がある物質が増加していますので、早いスピードで薄毛になってしまう事もあります。因みにもしAGAが発症してしまった場合には専用の治療薬の利用が欠かせません。

 

 

脱毛物質は治療薬を利用しないと生成を抑える事ができませんので、薄毛対策の為にも必要不可欠と言えます。もちろん生活習慣の改善も大切ですので、治療薬だけに頼らずに併せて行うようにする事が大切になります。