前頭部が薄毛の人にお勧めな髪型

近年では男性での髪の毛の悩みを抱えている方が増えている傾向にありますが、抜け毛や薄毛などと言った人それぞれによって、様々な箇所の髪の毛が薄くなってしまっている方が増えてきています。

 

 

前頭部の薄毛は、自分でも正面から見えてしまうため、周りの人の目が自分の髪を見ているような感じがして、消極的になってしまいストレスを抱えてしまいます。

 

 

前頭部の薄毛を隠すために日々ヘアスタイルを悪戦苦闘している方も多いですが、少し前までは一昔前の前頭部が薄い人の髪型というと、側頭部や後頭部に残った髪を強引に前に持ってくるバーコードヘアが主流となっていました。

 

 

しかし、薄毛を隠すヘアスタイルというのは全くお勧めできません。隠そうとすれば、するほど地肌の透けや余計に芽出しますから、スッキリと刈り上げた方が逆に目立ちにくくなります。例えば、生え際部分をしっかりと短くカットしてやる髪型なんかは良いでしょう。

 

 

生え際の薄毛

 

そのような短いヘアスタイルはさわやかなために、女性から好感度が得られやすくなります。ベリーショートのような髪型から、ソフトモヒカンのような前頭部を周りよりも少しだけ長くしてモヒカン調に仕上げると、髪型に清潔感ありイメージチェンジにもなりますよ。

 

 

頭髪の長さを均等にすると、薄い部分の髪が目立たなくなり自然な感じに仕上がる事ができます。また、全体のボリュームを出したい時はヘアーワックスなどや油分の少ないムースなどのスタイリング剤を使う事で、自然で全体敵にボリュームがある髪型になります。

 

 

髪型はファッションと同様、きちんとしておく事で、その人の印象やイメージなども変えてしまうので、薄い部分の髪の毛を隠してカバーするのではなく、思いきって短髪にして薄い部分を見せてしまった方が逆にスッキリとして清潔感がある印象に見せます。